六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICのヒアリング対策でbeatlesとTOEIC対策本を聞きこみ中。効果はある?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
初めてTOEICのテストを受けます。
英語は大学時代に英検2級をとっただけで、その後、海外旅行に数回行って使う程度でした。
2年前くらいから国際会議で英語の論文を書いたり、発表したりする機会が出て来たので、TOEICを受けることとしました。
メールは騎士レベルですが、ほとんど手を付けていません。
6/28に向けて、一気に消化しようと考えています。
ヒアリングはここ2カ月くらい、beatlesとTOEIC対策本を聞きこんでいます。
何かアドバイス頂ければお願いします。


■回答
TOEIC受験まで間がないということですので、やはりTOEICの過去問や問題集を行うことが大切だと思います。
beatlesの音楽は素晴らしいですが、TOEIC試験には直接役立たないと思われます。
過去問で一通りのテストの流れを経験しておくことをオススメします。

時間配分の感覚などを予め掴んでおくとよいと思います。
なぜならテストへの「慣れ」も影響するからです。

ヒアリングでいうと、音声が流れる前に設問に目を通し、どんな内容について話されるのかを事前に頭に入れておくという人もいます。
最後の長文問題も、なかなか最後まで終わらないという人が多いです。
設問から読み始めるという人もいますが、自分なりの方法をみつけるためにも、試験慣れはしておきたいですね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ