六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】語彙が少なく、文法に弱い。英会話をもっと上げるには方策は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
語彙が少ないこと、文法に弱いことが悩みです。
英会話もリスニングとスピーキング力をもっと上げたいです。
また、現在中2の息子のお粗末な英語をどうにかしたいと思っています。
単語もほとんどわからない状態です。
何から始めさせれば良いかアドバイスが欲しいです。


■回答
中学二年生の息子さんの英語の勉強法のご相談ですね。

まだ二年生ということで、まだまだ十分に復習できる時期だと思います。

参考書や色々な教材などありますが、まずは中学一年生から現在までの学校の教科書を文法、語彙ともに復習するのが一番良いと思います。

お母様と一緒に一年生からの教科書を復習して、わからないところは理解できるまで説明してあげるとよいと思います。
一対一で教えると、何が分からないのかお母様にははっきりとわかると思います。

単語もまずは教科書に載っているものを覚えると良いと思います。
単語カードを使ったり、壁に貼るようにしてもいいと思います。

ちなみに、学校の英語の定期テストなどで高得点を取るには、教科書の英文を暗記するのが早道だそうです。
重要文は丸ごと暗記するのも効果的だと思います。
リーディングやリスニング力アップにも繋がります。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ