六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】ロンドンの語学学校に半年通ったが成果なし。海外で働くために英語力はどうつければいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
今ロンドンにワーホリで来ており、語学学校を6ヶ月通ったものの成果が出なかったです。
と言うのも、語学学校は実践の場だからです。
現在日本食レストランで働いていますが、電話対応だと特に様々な国のアクセントを聞き取れない。
また、お客様の正確な要望を聞き取れないのが難点です。
今年は紅茶屋で働きたいのですが、英語ができないことが壁となっています。


■回答
私もかつて留学し、6年間海外におりましたので、お気持ちはよく分かります!
電話の応対が苦手とのこと、よく分かります。
イギリスではありませんでしたが、私のいた国も英国圏で、かつ移民も多かったので、アクセントも癖がありました。
イギリスでしたら、スコットランドの人のアクセント、アイルランド人のアクセントも慣れるまでは大変でしょう。
加えてインド人、マレーシア人、シンガポール人(マレーシア、シンガポール人の方は中国語っぽいアクセントがあるので、聞き取りにくいですね)など・・・顔を合わせればまだ分かることも、電話だと本当に大変です。

これといって即効性のあるアドバイスができないのが心苦しいですが、電話での応対の際は、繰り返してもらうこと、分からなければスペルを言ってもらってもいいと思います。
ゆっくりと言ってもらうことも。
思い切って、自分はまだ英語がうまくないので・・・と言ってしまってもいいのではないでしょうか。

後はアクセントの聞き分けですが、これはもう様々な国の人と知り合って話す機会を増やすしかありません。
イギリスでしたら、きっと教会が沢山あると思います。
あまりフォーマルなところだと気おくれしてしまうかもしれないので、、コミュニティーにあるカジュアルな教会(怪しげなところは避ける)に行くと、様々な国の人に会える機会が増えます。
教会によっては英会話レッスンをしているところやイベントを開いているところもあるので、そういうところに行くと知り合いが自然と増え、英国文化も学べて一石二鳥だと思います(そういう催し等は安いですし)。
日本人の人と一緒に過ごすことは最低限にすることも大事です(日本人同士でいつも一緒にいて、英語が全くできないまま帰国した人を何人も見ました)。
異国で働くこと、本当に素晴らしい機会ですし、プラスになっていると思います。
ますますいい経験になりますように。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ