六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】リスニングの勉強はどうやっていけばいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
リスニングの勉強はどうやっていけばよいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。


■回答
六単塾では「リスニング力=覚えた英文の数で決まる」という考えがあります。
良質な英文を暗唱してどんどん自分の中にインプットしていくことで、英語を聞いたときに自分が知っている英文にヒットする確率が上がるという訳です。

英文を暗唱すると、自分で声を出してそれを耳で聴くため、読んでいるだけよりも身に付きやすくなります。
人間は、自分が話せない言葉は理解できません。
自分の言葉を自分の耳で聞いているから理解できるとされています。

また、単語や熟語だけを覚えるのではなく、「英短文ごと」覚えるため、英語を聴き取るときに文章で分かるようになるのです。
長文ではなく「短文」であることも重要です。
長すぎる文章では、ヒット率が下がってしまうからです。

「使える英文を大量に習得すること」がリスニングアップには不可欠なのです。
英文暗唱に特化した学習の方が効率的で結果も早く出ます。

ただ、音声がほしいというご要望は、多くいただいておりますので、現在、音声がついた講座の開講に向けて準備中です。
予定が決まりましたら、塾生さんには通知させていただきますので、しばらくお待ちくださいませ。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ