六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】高齢になって学びなおしているが、やみくもに。会話にならない段階を超える方法とは?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
高齢になってから、学びなおしているのですが、やみくもに暗記を繰り返しているばかりです。
実際、外国の方とお会いしても、会話にならない段階です。


■回答
単語を並べただけでも、外国の方とある程度のコミュニケーションを取ることは可能です。

日本人は間違いを気にしてしまいますが、まずは話すこと、伝えることが大事ですので話す機会を持つことは素晴らしいと思います。

英語圏ではないスポーツ選手などがインタビューで英語を話しているのをよくテレビなどで見ますが、文法的にも間違いが多いですし、比較的簡単な単語を使っています。
それでも堂々としていますし、話すことに慣れているので、必要なコミュニケーションを取ることができています。

英語のやり直しということですので、一度基本的な文法を復習されるといいと思います。
決して複雑な文法事項ではなく、高校英語までの基本的な文法で十分です。

桐原書店のフォレストという参考書、またその問題集などがオススメです。
もちろん今お持ちの参考書でも構いません。

基本的な文法が身についていると表現の幅が広がりますし、自信にも繋がります。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ