六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICの問題を解いていて、単語力不足を実感。単語の傾向というのはあるの?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
TOEICの問題を解いていて、単語力がないから解けない問題も多いことに気づかされます。
そこで(全てをカバーできるとは思っていませんが)単語の語尾が○○だと副詞が多い、○○だと形容詞っぽい等々、単語の傾向を聞かせて頂く事は出来ないでしょうか。

少ない語彙力で「~っぽい?」を感じているだけなので、もう少しはっきり「-lyだと副詞かも?」というふうに単語を見たいと願います。
やっぱりそうだった、あーこれは違うのかぁ、と感情に起伏がつけば暗記がちょっと面白くなりそう、とも思っています。
変な質問かもしれませんが、ご回答をどうぞよろしくお願いします。


■回答
確かに、全てを網羅することはできませんが、各品詞は語尾の特徴があります。
http://www.kilc.co.jp/english/hinshi.php

上記はとてもうまくまとめられています。参考にしてください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ