六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】海外在住だが英語が上達しない。話の幅を広げるには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
海外在住のため英語は必須なのですが、全く上達しません。
決まった構文しか使わないので、話に幅が出ないのも悩みです。


■回答
海外にお住まいでも、実際に学校に行ったりして本格的に学ばないと、生活しているだけでは、たくさんの言い方は身につかないと思います。

こういう場面でこのようなことを言いたい、と思うときはたくさんあると思いますので、まずはそのシチュエーションをメモすることを心がけてください。
そしてゆっくりとそのメモを見ながら、英作文をします。

自分で作ったものを、文法的に大丈夫かなどの点から見直し、ひたすら暗誦します。
それを次にその場面に遭遇した時に、使っていくといいと思います。

あとは英語のシャワーを浴びることが可能な状況かと思いますので、テレビなどでなるべくたくさん英語を聞きましょう。
聞くだけではなく、意識して意味を取り、分からなかったら調べる、そしてシャドーイングをするように同じスピードで話せるようにしていく、というのがいいと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ