六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】社内外の英会話で聞きとれても言葉が出ない。会話のキャッチボールをするには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
海外で仕事をしています。
メールのやり取りは問題無いですが、社内外との英会話で聞き取れても言葉が出てきません。
会話のキャッチボールがやりたいです。
タイ語も同時に勉強中です。


■回答
外国語を二つ、同時に勉強するのはなかなか難しいことなので、パッと言葉が出てこなくなるのはある意味、自然なことかと思います。
頭がその言語のモードになっていないと、反応する瞬発力がなかなか出てこないのですね。

私も時々数ヶ月タイに滞在することがあるので、タイ語を勉強しているのですが、そうすると、英語がなかなか出てこなくなったり、少しブロークンになったりします。
タイ語は特に、文法も発音もまったく英語と違うのでなおさらですね。

もし可能なら、仕事では英語しか使わない、プライベートや学校ではタイ語、のようにしっかりと使い分けをすると、切り替えがしやすくなるかもしれません。

また、会話の中では、Really? Oh, yeah? I see.のような相槌をたくさん覚えておくと、パッと長いことが言えない時でも自然に会話を進めるために役に立つかと思います。

タイでの生活、楽しみながらがんばってくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ