六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】活字を思い浮かべながら英語を話す練習は、効果はあるの?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
ご連絡頂いてから、シャドウイングを心掛けて頑張っております。
最初は暗記出来なかった文章も回を重ねることで、覚えることも出来るようになるということを体感しています。

しかし、ふと気付いたのですが、暗唱しているときに頭に浮かんでいるのは英語の文章(活字)なんです。
活字を思い浮かべながら話す練習って、効果はあるのでしょうか?最近疑問に思っています。


■回答
英語の暗唱は、それを繰り返し英語の塊として耳に入れ、身につけていくことで、それと同じような文型の文章に次に出会ったとき、自然とすらすらと文法を考えずに理解できるという利点があります。
(相当繰り返していってからの結果です)
ですので、今の時点では活字が頭に浮かんでいても問題ないと思います。
今後、暗唱しているときに、意味も考えながら言えるようになるとさらにいいと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ