六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】簡単な英語なのに、こなれた日本語から出てこない。どうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
問題を解いて正解を見ると、「あれ、これならわかるのに…」という英語が、こなれた日本語からだと、出てこないことが多いです。
きっと学校教育で、直訳の不思議な日本語をたたきこまれたからでしょうかね。
よくよく考えてみれば、あの不思議な日本語は、普段の生活の中で使う日本語とはかけ離れてますね。


■回答
実際の会話で使われる英語と、学ぶ英語(机上の英語)には、大きな隔たりがあるのが現実です。
日本語でも、外国人が学ぶ日本語のテキスト等を見れば一目瞭然ですが、そのテキストに載っているようには、私たちは普段、日常会話をしていませんね。

会話としてすぐに英語が出てくるようになるには、ニュースなどではない、自然な英語をたくさん耳に入れることが重要です。
日本にいるとなかなか難しいですが、それでも映画、テレビ番組、ラジオなどは良いと思います。
自然な表現が沢山使われます。

映画は、英語字幕もつけられますので、字幕を見ながら理解して、それをシャドーイングするというのも良いと思います。
会話の英語と、机上の英語は全く別物、と考えると気持ちも楽になるかもしれません。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ