六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英会話で、自分の気持ち・考えていることを具体的に伝えるにはどうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
気持ち、考えていること、物事の状況など、もっと具体的に伝えたいにも関わらず、単語熟語表現力が不足しているのが悩みです。


■回答
伝えたいことに語彙力がなかなか追いつかないと、もどかしい気持ちになりますよね。

単語や熟語など表現方法を覚えるにはなるべく自分の頭に残るような形でインプットしていくことが大切かと思います。
ただ例文を暗記するだけではなく、自分が楽しめる本を読んだり、映画や海外ドラマを見たりする時間を増やしてみてください。
映像の場合は、英語の字幕を付けるといいかと思います。

気持ちが入り込んでいると、臨場感がわきますのでそこで見たり聞いたりした英語が定着しやすくなります。
何か気になる言い回しなどがあったら、それをメモして使ってみたり、楽しみながら表現力をつけていってみてくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ