六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】リスニングと会話力不足が悩み。今まずやるべきことは何?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
リスニング、会話力、ボキャブラリの不足、忘れが今の悩みです。


■回答
リスニングは、聞くのを練習することももちろんですが、ぜひ発音も練習してみてください。
人間の脳は発音できる音だけを聞き分けることができるそうです。
LとR、THの音など、日本語にない音を自分で練習して発音できるようになると、少しずつですが、聞き分けもできるようになってきます。

リスニングが上達すると、会話でどう対応していけばいいかもわかってくるので、自然と会話力も上がってくるかと思います。
練習の場を多く持つこと、また映画などでネイティブの会話を聞く機会を多く作り、どんどん真似してみることを心がけてみてください。

ボキャブラリーは、少しずつ覚えていく必要がありますが、まずは興味のある分野について英語で読んだり見たりすることで新しい語彙を覚えていくのもいいかもしれません。
雑誌の記事や本、映画、テレビ、ラジオ、なんでもいいのですが、英語の勉強のためではなく、面白いと思えるものを選んでみてください。

語学を学ぶのは時間がかかるものですが、続けていくと必ず結果が出ます。
がんばってくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ