六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICテストでPart7を解く時間がない。どうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
先日、2月中旬に受けたTOEICの結果が返ってきました。
おかげさまで一気に100点UPで770点でした。ありがとうございます。
Part5の文章が分かるようになり、つい全文を読んでしまったため、Part7は丸々2問は手をつけられず塗っただけという時間配分でした。
会社から要求されていたスコアはクリアしましたが、時間配分をうまくできるようにして、800を超えたいと思っています。
家ではほとんどPart5ばかり取り組んでいました。
間違えた箇所は正しい回答を理解するのと一緒に、なぜ間違えたかをメモしておいて、自分に足りないものが、単語なのか、熟語なのか、文法なのか、を確認しました。
また、疑問がありましたらよろしくお願いいたします。


■回答
点数アップおめでとうございます。

Part5の勉強、復習の仕方、素晴らしいと思います。
以前にもお話いたしましたが、点数を低いところを伸ばすことがポイントになってくるので、Part5の中でも苦手な分野を把握し、伸ばしていくのは素晴らしいことだと思います。

すでに高得点を取得していらっしゃるので、Part7も全問取り込みたいところですが、あまりにも時間がかかるものについては、思い切って捨てる気持ちでやる方が良いと思います。
ただ、これから点数を取っていくためには、苦手な文章問題についても他と同じように自分なりに正答を出す(ただマークシートを塗りつぶすのではなく)というのが重要になってきますので、時間配分とスピードを意識することが大事です。

学習方法も十分に把握されていますので、より具体的なアドバイスを差し上げられなくて申し訳ありませんが、高得点を取れば取るほど、これまでのような高い伸び率を維持するのは難しいかもしれません。
これは誰にでも起こりえることなので、あせらずに目標を達成するように頑張りましょう。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ