六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICに再挑戦するが、長文読解問題に苦戦中。対策方法は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
先月もアドバイスいただきありがとうございました。
励ましていただき嬉しかったです。

昨年12月初めに開始したのでほぼ1年たちます。
最初の頃はやり方がいまいち分かりませんでしたが、最近は慣れて、日課として取り組めるようになりました。
今の実力を確認するために12月にTOEICを久しぶりに受験します。

最後に受けた7年前は790点でしたので、下回らないといいなあと思っています。
今月初めから過去問題に取り組んでいますが、長文読解問題に苦戦しています。
時間内に最後までいけるか心配ですが慣れていくしかないのでしょうかね。とにかく頑張ります。
試験まであと2週間弱ですが何かアドバイスありましたらよろしくお願いします。


■回答
学習を開始して1年経過されたとのことで、学習も軌道に乗ってこられたようですね。
慣れて日課として取り組めるようになった、というメッセージを嬉しく拝読いたしました。
ぜひこれからもムリのないように、楽しんで継続していただければと思います。

TOEICの方も、良い結果が出ることをお祈りしております。
過去に高得点を出されているようですが、どれだけ伸びているか楽しみですね。

試験へに向けた対策について。
時間内に問題を解けない受験者は非常に多いと思います。

設問を先に読んでから問題を解く、無理そうな問題は潔く飛ばしてしまうなど、自分なりのやり方を持っている方も多いです。

長文問題を速く解く大前提としては、返り読みをしないということです。

英語で日本語では語順が異なります。
きれいな日本語に訳そうとしないで、英語の語順のまま情報を頭に入れていくくせをつけるようにしましょう。

例えば、My grandfather gave me/a nice book/yesterday.私の祖父がくれた/良い本を/昨日
上記のようにある程度の意味のまとまりに区切って情報を頭に入れていきます。

TOEIC試験は慣れに左右されるところも多いので、最初は難しいかもしれませんが、頑張ってください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ