六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】シンガポールに滞在予定。子どものためにも周りの人との接し方をどうすればよいか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
将来、主人の仕事の都合でシンガポールにいくときまでに上達したいな、と思って英語の勉強を始めました。
若いころとちがって、話が続かないのは、気が合わない部分もある、と割り切れるようになり、ずいぶんと気持ちが楽になりました。
でも海外に住むようになったら、子どもが新しい生活に早くなじむためにも、もう少し謙虚な気持ちで周りの人と接した方がいいのかな、と思っています。
それとも子供の世界と大人の世界は、日本のように密接ではないのでしょうか?
現在子供は6歳と1歳です。


■回答
私は留学と仕事で海外で暮らした経験があります。
特に留学の時には、英語も十分でなかったため大変でした。
日本ではごくごく普通の性格ですが、それでも海外では「礼儀正しい、親切」と評価され、とてもよくしてもらえました。
また、最初から日本人に好意と興味を持つ人はとても多く、その面でも助かりました。

現地の人にガッカリすることもありましたが、それでも、日本人のモラルをもって接し、笑顔を絶やさずにいれば、助けてくれる人はたくさんいると思います。
英語が分からなくても、分からないことや質問したいことは、ハッキリと何度でも聞いた方がいいと思います。
聞き返すことや質問することは恥ずかしいことでも、相手にとってそれほど迷惑なことでもありません。
礼儀正しく丁寧に話し、質問すれば問題ありません。

また、何よりも心強いのが現地に住む日本人の存在です。
情報交換、悩み相談など色々な面で助けてくれると思います。
この方たちとの関係をうまく築くことが非常に大切だと思います。

また、日本でのお母さん付き合い、海外でのお母さん付き合いでは両方ともいい所と悪い所もあると思いますが、ある意味海外の方が気楽な部分もあるかもしれません。

英語を使って生活をするといっても、欧米圏とアジア圏では違う点もあるかと思います。
参考になれば幸いです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ