六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】相手の英語を聞いているとき、途中で意味がわからない。単語の区切りを聞き取るには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
相手が英語を話しているとき、単語の区切りがわからないので、途中で意味がわからなくなります。
また話したいことを、どう英語に変換すればいいかわかりません。


■回答
まず1つ目のお悩みについてですが、英語の音声に慣れていないので、区切りが聞き取れないのだと思います。
日本語とは違い、英語は書かれている単語とその読み上げは違います。

例えば、日本語では「これはリンゴです」と書かれていても読みと音声は変わりませんが、英語の大きな特徴として、This is an apple.と書かれていても、This/is/an/appleとは決して聞こえず、ほぼThis'zannapl(ディスィズアナップ)のように聞こえる、ということがあります。

この英語の音法を日本では習わないので、聞き取れない人がほとんどなのです。
この音法をマスターするには、ひたすらリスニング、シャドーイング(口真似)をすることが有効です。
シャドーイングをして、自分の口でその音声を出せるようになって初めて、耳で聞き取ることが出来ます。
自分で発声できない音は、人間は聞き取れないといわれています。
短い文章でいいので、それをまずお手本を聞き、繰り返しシャドーイングするというのを根気強く続けてください。

2つ目のお悩みについては、話したいことを難しく考えてしまうために、変換出来ないことが多いといわれています。
大人の日本語能力で、小学校低学年程度の英語を使って同じことを表現することは不可能です。
まずは、簡単な日本語(小学生や幼児の言う日本語)に変換して、それを英語で言う訓練からするといいと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ