六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】中学校で英語を教えているが、教えれば教えるほどわからなくなってきた。どうすればうまくいく?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
英検準一級を取得したいのですが、全く新しい単語が覚えられません。
以前英会話のレッスンを受けていましたが、現在は行っておらず、話そうとすると言葉につまってしまいます。

中学校で英語を教え始めて約4年半になります。
その前は、約3年間、小学校で英語を教えていました。
教えれば教えるほど、わからなくなってきましたが、オールイングリッシュで授業ができるようになるため、ICT(情報通信技術)を活用した授業を行いたいと考えています。

ALT(外国語指導助手)と英語で自然に話したいのですが、相手が日本語で話してきてしまいます。
発音をありとあらゆるものやネットで学習してきましたが、何かが違う気がします。


■回答
私も某英会話学校で講師の仕事をしていたことがあるので、お気持ちよくわかります。

英会話に関して言えば、やはり、場数、経験に左右されると思います。
レアジョブなどの安めのオンライン英会話学校もあります。
自信にも繋がるように思います。

気軽に実践できるもので言えば、私は、日常生活でも英語で考えるようにしています。
この場面だったら英語で何というかな?
というように、頭の中でシュミレーションするようにするのもひとつの手です。

英検準一級に関しては、やはり英検準一級向けの単語集を勉強されるのが効率的だと思います。
すぐに英単語を覚えられる人はなかなかいないように思います。
ある程度反復は必要だと思います。
私が個人的にやっているのは、英単語とその意味するモノ、または事柄の「絵」を関連付けて覚えることです。
その単語を見ると、その「絵」が頭に浮かぶといいです。

発音に関しても、私もまだまだ勉強中の身ですが、個人的に一番効果があったのはフォニックス(Phonics)です。
もし、まだ学習されたことがないようでしたら、試してみてください。

大変だとは思いますが、頑張ってください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ