六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】海外在住中。ネイティブとの込み合った話にこまある。語彙力ととっさの瞬発力はどうやればつく?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
現在海外在住です。
日常生活には困りませんが、ネイティブとの込み入った話だと困ることがあります。
語彙と咄嗟の瞬発力をつけることが課題です。


■回答
これは、長く英語を勉強されていて、普段は不自由はない方でも、直面されるお悩みかと思います。

語彙については、とにかくインプットの量を増やすことが重要です。
読むのが好きな方なら、本やインターネットの記事をたくさん読む、聴く方が好きでしたら、ラジオや映画、テレビなどでたくさん英語を聴くようにする、そして、その中で気にとまる新しい単語や言い回しがひとつでもあったら、意味を調べたり、自分でも使うようにしてみてください。

また、英語の長めの単語は、日本語の漢字の偏やつくりのように、部分部分で意味を持つ場合があり、それを覚えると理解しやすくなります。
http://gogengo.me/たとえばこういうサイトなどが参考になるかもしれません。

とっさの瞬発力は、やはり話すことに慣れるしかないのですが、ネイティブの方と話す機会があったら、相槌の打ち方、話の始め方などを注意して聞いてみてください。

たとえば、I was just thinking...(考えていたんだけど…)I'm not sure about that. (それについては賛成しかねるな)
のように、まずそれを言うことで、自分が話す機会をつくる言い回しというのが英語には多く存在します。
それを覚えていくと、会話がスムーズに流れやすくなるかと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ