六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】米国本社にメールを書くときに言葉が出ない。さらっと言葉を出すには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
米国本社の方へe-mailを書くときや,外国人の社員と話すときにさっと言葉が出てこないのが悩みです。


■回答
とっさに適切な英文が出てくるようになるには、ある程度の時間がかかります。
英語の学習(インプット)とアウトプットの練習が必要になってきます。

ただ、お客様の場合には、まず英文メールとおそらくビジネス英語が現在特に必要なことと思います。
今自分に必要なものに焦点を絞れば、短時間で成果を得られます。

よく使う英文の決まり文句、決まった表現をいくつか暗記することをオススメいたします。
特に英文メールは場面別の表現がまとめられたものがあります。
書籍でもありますし、ネットにも上がっています。

自分で使えそうな表現を暗記していくことは非常に有用です。
応用できるようにもなります。

使える例文ですが、NHKのEテレに「しごとの基礎英語」という番組があります。
非常に役に立ちます。
是非チェックしてみてください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ