六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】ボキャブラリーが少ない。書き言葉と読み言葉を使い分けるには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
ボキャブラリーが少ないです。
また、書き言葉と読み言葉の使い分けがわかりません。


■回答
ボキャブラリーを増やすのは、最初は時間がかかりますよね。
地道に暗記するのも一つの手ですが、もし時間があれば、ぜひ興味のある本や雑誌を英語で読んだり、映画を英語字幕付きで見たりしてみてください。
自分が興味を持って聴いたり読んだりできるインプットの量を増やすことで、自然とボキャブラリーは増えやすくなります。

また、英語の単語は接頭語と接尾語である程度意味が推測できます。
日本語でいうと漢字の偏やつくりのようなものです。
そちらも、時々意識してみると良いかもしれません。

話し言葉のほうが基本的に一文が短く、カジュアルな表現が多くなります。
書き言葉では、文章の種類にもよりますが、単語なども少し硬めのものを使ったりすることが多くなります。
ただ、英語は日本語ほどは書き言葉と話し言葉に違いはないので、最初はあまり区別しなくてもいいかもしれません。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ