六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】仕事で英語を話すときに機動力が求められる。もっと単語力をつける方法は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
仕事で英語を使います。
やはり話す時は機動力を求められるので、もっと単語力をつけたいと常々思っています。
けれどなかなかつかないので、継続できる学習法を探していました。


■回答
単語を覚えるのは大変ですよね。
受験英語と異なりますので、スペルを正確に覚える必要はあまりないと思います。

単語の見た目(はっきりとスペルを覚える必要はなく)、発音、その単語が意味するもののイメージ(appleならばりんごのイメージ、relationshipならば人が握手をしているイメージなど)を組み合わせて覚えると印象に残りやすいです。

当然のことですが、自分の仕事に必要な単語を中心に覚えていくことをオススメします。

すべてを一度で覚えることは誰にとっても不可能です。
できれば、エクセルなどでいいので、覚えたい単語をまとめて定期的に目を通すと定着しやすくなります。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ