六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】ネイティヴの話す内容が聞きとれない。解決方法は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
ネイティヴの話す内容が、聞き取れないのが悩みです。


■回答
恐らくある程度文法の知識はあったり、自分でも言いたいことを少し言えるようになっている段階で、ネイティブの音が聞き取れないというのは実際の発音と自分の中で思っている発音に、大きな隔たりがあると思ってください。

スクリプトがある自分の英語のレベルにあった教材を用意し(レベルがとても大事です。
難しすぎると全く出来ません)まずはスクリプトを見ずに音声を聞いて、一字一句書き出してみてください。
これをディクテーションといいます。

とてつもなく時間のかかる作業ですが、自分の頭で何が聞き取れないかを知ることが出来る、とても分かりやすい方法です。
聞き取れない箇所は何度も何度も聞いてください。

それでもどうしても無理な場合だけ、そこを空欄とします。
そこでスクリプトと照らし合わせてください。
間違えたところは赤で書いてみてください。

最初はあまりにも聞き取れていなくて愕然とするかもしれません、皆さん大体そうです。
しかし、聞き取れていないところ=赤の部分 ということで自分のリスニングが如実に現れますので、そこで鍛えていけば、リスニング力は必ず上がります。
リスニング力があがると、スピーキングもあがります。
(聞けない言葉は確実に話せていないので)
ネイティブの発音、スピードについていけるリスニング力を身に着けるには、ネイティブと同じ速さで英語を読む練習をするシャドーイングもとても有効です。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ