六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】なんとなく意味はわかるが、英語で会話ができない。解決法は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
少しは聞き取れたり、何となく意味はわかりますが、英語で会話ができません。
近くに英語で話せる人(外国人)がいません。


■回答
実際に会話をするには、その場で反射的に対応していく力が必要です。
その筋肉を鍛えるには、やはり会話練習をすることがとても重要です。

今は、オンラインでの英会話レッスンなども多くありますし、英会話喫茶のようにそれほど費用も掛からず、英語を話す機会が持てる場もあります。

また、Meetup.comというサイトでは、いろいろな集まりを紹介していますが、そこでも英語を話すグループに参加できたりします。

なかなか身近に英語を話す機会がないということでしたら、上記のようなものを試してみてはいかがでしょうか。
相手がネイティブでなくても、自分よりも話せる人であれば、勉強になるかと思いますので、日本人で英語ができるお友達に付き合ってもらうこともできるかと思います。

最初のうちは、会話の練習も恥ずかしいかもしれませんが、実際に海外に行くと、ブロークンでも堂々と話している人たちが、国籍を問わずたくさんいます。
ぜひ、恥ずかしさの壁を越えて、どんどん英語で話す機会をつくっていってください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ