六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】未就学児を抱えて仕事と英語学習中。勉強時間を作るにはどうすればいい?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
六単塾を始めて半年。
英語に対する恐怖心がなくなったせいか、会話がスムーズにできるようになりました。
実際は話してることの50パーセントくらいしか理解していないけど、相手にわたしは百パーセント近く理解している、と思わせる何かを身につけられたようです。
相性のいい方だと百パーセント理解できることもあります。
この塾のおかげです!

大学卒業してから、全く英語の勉強をしていないですし、英語嫌いになっていたのですが、子どもの教育、将来海外に住む可能性、主人のお付き合いで外国人がよく家に泊まりに来ることなどから、勉強を始めました。
こんなに短期間で効果がでて驚いています。

ただ、ここ二ヶ月は全く勉強できていません。
そこで、わたしのような子育て真っ最中の主婦の方はどのように時間を作っておられるのか知りたいです。

夜中は授乳で6時間の睡眠のうちで四回くらい起きます。なので朝の早起きがとても辛い。
下の子がお昼寝を始めるころには、上の子が幼稚園から帰ってくるし、子どもが寝た後は、次の日のご飯の下準備や片付けでぐったり。
その他、幼稚園や町内の役員などの所用もあり、主婦の方は、どのように時間のやりくりをされているのか、本当に知りたいです。
今は、京都の観光地に住んでいるのをいかして、地図をひろげている外国人に話しかけたり、子どもの英語のクラスに一緒に参加して、先生と雑談してみたり、子どもに英語で語りかけたりしながら、日常的に英語を話す時間を設けてはいますが。
ストックを増やせば、それだけの結果が出ることがわかっただけにもどかしいです。
どこかで10分と思いながら、集中できる10分を見つけるのが本当に難しいです。


■回答
英語が嫌いだったのに、六単塾で成果が出たとおっしゃっていただき、非常にうれしく感激しております。
ありがとうございます。

入塾して半年という短い期間ながら、会話がスムーズにできるようになったというのは、しっかり学習していただいたことに加えて、おそらく、元々のコミュニケーション能力の高い方なのだとお見受けいたします。

さらに、乳飲み子を抱えていらっしゃるのに、ご自分のできる範囲で様々に英語力アップのための工夫をしていらっしゃり、その意欲的な姿勢に、頭の下がる思いです。

確かに小さな子どものいる主婦は、なかなか自分の思うように時間を使えず、フラストレーションがたまることもありますね。
私も子どもが小さい頃はそうでしたので、よくわかります。
ただ、制約が多いゆえに、集中して学習できる、という側面もあると思います。
(暇なときほど、だらだらしてしまったりするものですよね)
1日10分の時間を作るのが難しいということでしたら、5分でもいいですよ。
また、週末などはご家族に協力していただいて、15分か20分、時間をとるようにしてみるなど、「今できないこと」より「できること」に目を向けていただくようにしていただければと思います。

また、未就学児を抱えて仕事と英語学習を頑張っている弊社スタッフにも、両立のコツを聞いてみましたので、ご紹介します。


洗濯にご飯の準備に掃除、その他用事など、どれも子供が寝ているうちやおとなしく遊んでいるうちにさっさと済ませてしまいたいと思う事ばかりですが、例えば洗濯の開始を10分遅らせて、英語に充てる。

相談者様の場合、お子さんが寝てから翌日のご飯の準備をされるとのことでしたが、その前にやってしまうなど。

10分以上やると時間的にも心理的にも負担になってくるので、タイマーをかけて、10問解けなくてもそれで終わりにするというのも大事かと思いました。

私もこの方法をとっていて、慣れるまではなかなか英語を優先できずにいましたが、今は他のことが多少遅れてもいいと割り切るように心がけています。

ですが、それが出来ない時もあるので、壁にふせんを貼ったり、何かしながらでも英語が目につく状態にして、英語学習が日常になるようにしています。

こうしていると、講座メールを見るのが何日か空いてしまった場合にも、再開が億劫になりにくいので。


その他、一日の時間割を作って、タイムマネジメントをしている、という意見もありました。
お子様やご家庭の状況など、学習者様の環境は千差万別ですので、一概にこれが良い、とは言えないこともあると思いますが、ご参考になりましたら幸いです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。