六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英会話についていけない。言いたいことを適切に表現するには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
英会話についていけません。
言いたい事を適切に表現することができないため、すぐ返答できません。
英文メールを作成する時も時間がかかります。


■回答
話したり書いたりするスキルを上達させるためには、読む、聴くなどのインプットの量と質を上げることが大切です。

使いたい例文などを暗記するのも良いですが、興味のある分野や小説などのフィクションでもいいので入り込める内容のものを英語で読んでみることをお勧めします。
入り込めるものだと、臨場感がわくため、そこに出てくる英語も定着しやすくなるからです。

また適切な言い回しができないと感じるということは、それだけ言葉に関する感度が高い方なのだと思います。
最初のうちはもどかしいかもしれませんが、大意を伝えることを目標に、英語を使っていってみてください。
そのうち、もっときめ細やかに意味をとらえることができるようになると思います。

外国の社員の方とお仕事をなさっているとのことですので、その方たちの使う英語もぜひぜひ真似てみてください。
また、ご自身が覚えた英語もとにかく実践で使ってみてください。
実際に使われている言葉から学ぶのは、得るところが多いです。

時間はかかるかもしれませんが、努力を続けていけば必ず上達します。
がんばってくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ