六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】子どもの英語が間違っている。親としてどう対応すればよい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
子どもの英語が間違えている時、親としてどう対応するべきでしょうか。
何か気持ちよく訂正を受け入れてくれる術がありましたら、ご教授願います。


■回答
子供の年齢にもよるのですが、小さいお子さんの場合、間違ってもNoなどとは言わずに、ただ訂正して繰り返してもらうのが一番いいと思います。

例えば、Yes,だけで返したら、そのままYes, please.というように言って、今のだけでは足りないんだよというのを教え、それを繰り返してもらいます。
思っている言葉が出てこなかったら、What do you say?などと言って、何か言わないといけないんだよ、というのを思い出させるのもいいと思います。

ちなみに、小さいお子さんがI would like to~などというのは難しいので、そこまで出来なかったら、want toで文を作ってもらい、その後にPleaseを言わせるというのも、ひとつの手だと思います。
成長するにつれて、ふさわしい英語を覚えてもらえば一番いいですね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ