六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英語の授業を理解したいが、単語がうろ覚えになる。どうすれば記憶に残る?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
解剖の講義を英語で理解できるようになるのが目標ですが筋骨の単語は長くて覚えづらいので うろ覚えになってしまいます。
毎日使っていれば記憶しやすいのですが、使う所で仕事をしていないため、ますます覚えられなくなっていきます。
前後左右上下でごちゃ混ぜになり 勘違いしてしまうこともよくあります。


■回答
単語や表現の暗記は、誰にとっても時間を要するものです。
仕事など、日常的に使わないとなればなおさらですね。
定着には繰り返しの作業が必要です。

私が単語を覚える時に留意しているのは、単語とイメージをなるべく結びつけることです。

例えば、appleという単語を覚えるときにはりんごのイメージと結びつけて覚えるようにします。
動詞の場合も同じで、writeならば、人が何かを書いているところのイメージと連結させるように覚えます。

ご相談の筋骨の単語は、このアイディアに向いているのではないかと思います。
図解などをうまく利用して、覚えるようにするとよいのではないでしょうか。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ