六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】医師として勤務中。英語論文の作成に難あり。解決方法は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
今、医師として働いているのですが、学術的な結果を残すために、論文の作成や英語論文のリーディングをしていますが、英語能力が低すぎて、成果が出せていない現状です。
少しでも英単語、英文の読解力がつけば、最新の学術論文を読んで、日々の診療に活かせるのではないかと思っています。


■回答
論文に使われる英語表現や文法は、非常に高度という訳ではなく、もちろん文学的である必要もありません。
簡潔であることや誤解がないことが求められているのだと思います。

医学論文は読んだことがありますが、よく使われる表現、言い回し、決まり、スタイルがあるように思います。
これらをまず身につけることが一番の近道のように思います。
そこで重要なのは、「真似をする」という考え方です。

まずは専門分野の英語論文をいろいろ集めて、読解することからはじめてください。
そこでよく使われる英単語などもすべてしっかり訳しましょう。
もし、訳す時点でわからない英文があればお問い合わせください。六単塾の先生がお答えいたします。
もちろん、あまり専門的な内容になりますと、理解が不足している分、回答がむずかしいかもしれませんが…。
出来る限りのことはできるかと思います。

そして、次に、それらの英語論文から、英文の真似をしてみてください。
自分の論文で言いたいことを、英語論文から似た英文をピックアップするのです。
あるいは、英語論文の書きまわしをベースに、ご自分の論文を作成するほうがいいかもしれません。
とにかく、正解を真似するということが大事です。そうするうちに、書きまわしの作法がわかってきます。

そのうえで、英語論文の一般的な書き方はネットでまとめられているものもありますし、書籍なども発売されていますので、チェックすればよいかと思います。

基本的な英文法は必要ですが、高校までの英文法をカバーできれば十分です。
ご専門の医学分野の語彙力を増やすことで適応できるのではないかと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ