六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】長い英文がうまく読み込めず困っている。解決法は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
長い英文が上手く読みこめず、困っています。
また、日本人の英語ならなんとなく意味がわかっても、ネイティブの話す英語は、発音が良かったり長かったりすると、何を話しているかもわからなくなってしまいます。
単語もすぐに忘れてしまいますし、英文を覚えても、いざという時に思い出せません。


■回答
長い文章は集中力も続かなくなったり、難しいですね。

英語の文章は、最初と最後の段落、そして段落内では、最初の文と最後の文に一番大切なポイントが書いてありますので、まずはそこを注目して読んでみるのもひとつの方法です。

また、人間の脳は、自分で発音できる音でないと、聞き取るのが難しいそうです。
そのため、ネイティブの発音を聞き取るためには、ネイティブの出している音に近い音を、自分でも出せるようにするのが近道です。
IPA(国際発音記号)などを勉強してみるのもいいかもしれません。
あとは、地道ですが、なるべくネイティブの発音の英語を聞く頻度を増やすことですね。

また、単語や英文を忘れないようにするには、やはり何度も使うことが大事です。
英語を話す機会があまりない場合は、ひとりごとでもいいですし、日記でもいいです。
覚えた単語や英文は、繰り返し自分でアウトプットしてみるといいと思います。

語学の習得は時間がかかるものですので、すぐには英語が出てこなくても、焦らずに取り組んでみてくださいね。
気がつくと、前よりもすんなりと出てくるようになった!
と感じると思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ