六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】CouldやShallやCanなどのちょっとした違いが言えない。対策は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
先日のお悩み相談にも出ていましたが、ちょっとした言い方の違い、たとえばCould you、Would you、Shall I、Can I have、May I have、などが例文のとおり出てこないので、いつも、あ~また違ったとがっかりします。
でもアウトプットをが足りないせいとのこと、最近は少し時間をかけて、何度も口に出して言うことにしています。


■回答
おっしゃる通り、英語のちょっとした言い方の違いは、なかなか日本人には難しいものがありますね。
しかし何度も口に出して練習なさっているとのこと、素晴らしいですね。
語学の習得には、やはり時間がかかるものですので、焦らず、コツコツと毎日少しずつでも継続していってくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ