六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】外国人との会話に入れず、気まずい。活発に会話に入っていくには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
何度も英語の勉強に挫折してきました。
主人が海外での仕事をしていて外国人と関わることが多いのですが、もちろん私は会話に入れず気まずい思いをしています。


■回答
会話に入れないという気持ち、私もとてもよくわかります。
私は留学したことがあるのですが、特に最初の頃は辛かったです。
私の場合、英語の問題と、そもそも人見知りなこともあり難しかったです。
ほとんどの日本人は、性格的なところも大きいのではないでしょうか。
非英語圏の外国人で英語をほとんどしゃべれない人もたくさんいますが、態度が堂々としているので変な気を使う必要がなく、扱いやすいのだと思います。

まず、英語で言えば、相手の目を見て相槌を打つこと、そして、「Really?」とか「Did you ...?」など、聞いてますよというサインを出すことが大切だと思います。
簡単な英語でいいのですが、「I like ....」「I know .....」とか「Do you ...?」などと相槌を打ったり、質問をするなどすると会話が続きやすいです。

英語の勉強をしていくことは大事だと思いますが、私が海外で感じたことは、友達になれるとか、なぜか会話が続くとかは、英語力そのものよりも、その人の雰囲気や態度なのかなと思います。
笑顔でいるなど、わからなくても一生懸命聞いている態度をすることが大事だと思います。

ちょっと関係ない話になってしまいますが、ほとんど英語がしゃべれない日本人の芸人さんなどが、海外のスターやスポーツ選手にインタビューしているのを見ることがあります。
ただ英語が喋れるインタビュアーと接する時よりも、海外の人も楽しそうにしていることも多いですし、単語を並べるだけでも何を言いたいかが伝わればいいと思います。

あまりお役に立たなかったかもしれませんが、頑張ってください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ