六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】長い文章になると読めなくなる。つながりを理解して読めるようになるには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
長い文章になると、つながりがわからず、読めません。


■回答
長い文章や、複雑な構造の文を読みこなすには、基本的な英文法が必要です。

難しい英文法ではなく、高校卒業程度の英文法があればたいていの文章を読解、説明することができます。

参考書などで今一度復習されるとよいと思います。
疑問点など出てきた時に参照するにもよいと思います。
ご自分の気に入ったもので構いませんが、桐原書店の「フォレスト」などがオススメです。

長い文章は慣れも必要です。
英文を読む時には、基本的には英語の順番で情報を頭に入れていくクセを付けていくと良いと思います。

簡単な例ですが、例えば以下のように意味のまとまりごとに情報を頭に入れていきます。
速読にも繋がります。

Yesterday/my grandmother gave me/ flowers.(昨日/祖父は私にくれた/花を)
一朝一夕では難しいかと思いますが、頑張っていきましょう。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ