六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】暗記は面白くない。英語が楽しくなる方法は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
62歳会社員です。
中学、高校、大学と英語はほとんど赤点ぎりぎりでした。
5年前から英語をやろうと思い立ちました。きっかけはハリーポッターです。
映画がおもしろかった事と、世界の小、中学生が読めるのなら自分にも読めるだろうと思い、読み始めました。

単語、文法はさっぱりですが、何となくストーリーが分かりました。
読めるじゃないか、と、おもしろくなりました。

次に朗読版を買いました、何となく分かります。
これで英語がおもしろくなって来ました。
toeicを受けたところ、スコアは300点で、200点台だったらどうしようと思っていましたのでほっとしました。
それから年2回ぐらい受け続けていますが、600点ぎりぎりで停滞しています。

石田健さんの「毎日1分英字新聞」で、六単塾を知りました。
メールマガジンを読んでいる内に自分に足らないのが何かが分かりました。
暗記、丸覚えすれば英語は簡単、とのことですが、暗記は面白くないので、なかなか出来ないですね。
でも入塾することに決めました。

私の目標は、

・自由に小説を読みたい。
・英語放送が聞きたい
・toeicの点数UP 現在590前後

駅から歩いて帰るとき、休みの散歩時は朗読版を聞いています。
六単ででた表現が出てくるとうれしくなります。
今後ともよろしくお願いします。


■回答
ハリーポッターがきっかけで英語学習を始められたとのこと。
最初に300点台だったTOEICのスコアが600まで伸びたというのは、努力のたまものですね。
既にある程度高得点を出していらっしゃるので、ここから急激にスコアを伸ばしていくのは難しいかもしれませんが、基礎的な文法をしっかり復習し、語彙力を伸ばしていくことで、さらなるスコアアップは可能だと思います。

暗記はつまらないのは、まさにその通りです。単純作業なので気持ちはわかります。
ただ、英文暗記こそが英語を読むための基本です。
そこで、つまらない作業をつまらなくすることが解決法になります。

六単塾がやっているお勧めの解決法は4つあります。4つとも実践するとよいですよ。
それは

「暗記ではなく暗唱すること」
「自分の話したい英文を覚えること」
「実際に会話をする機会をつくること」
「暗記を効率化すること」

です。

頑張ってくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ