六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英語は読めるのに英会話ができない。根気よく勉強を続けるには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
英語を読む事はある程度出来ますが英会話ができません。
英単語を覚えるのに根気が続きません。


■回答
学校で勉強してきた英語力で、ある程度英語は読めるけれど、実際に話をするのは難しい。
これは多くの方のお悩みだと思います。
英会話とひとくちに言っても、相手の出身国の違いで訛りが強かったりして聞き取りにくいことも多々あります。
例えば、イギリス英語とアメリカ英語では、使われる単語も結構違ったり、アクセント、話し方は全然違います。
また、マレーシアやシンガポールなど、英語を第一言語として話す人たちが多い国でも、中国語のアクセントに影響を受けた英語なので、聞き取るのは大変です。
なので、「聞き取れない!
」と思っても心配なさらないでください。

一番いいのは英語のネイティブととにかく話す機会を増やすことですが、それもなかなか難しいかもしれません。
そこでおすすめするのは、NHKの7時からのニュースや、9時からのニュースを副音声、つまり英語にして見ることです。
話題は日本のことですのでハードルが低く感じられることと思います。
何回も何回も繰り返し聴いていますと、お決まりの表現が必ず出てきます。
それを書き留めてみることも、語彙力アップにつながります。

もし、話す練習がしたい、ということであれば、お近くにそういった集まりがあるかもしれません。
全国に、トーストマスターズという団体があり、英語のスピーチを練習したい人達が集まっています。
そういったところに参加してみるのもいいかもしれません。
もしくは、ボランティアで外国人観光客を案内したり助けたりするグループも、もしお近くにあるようであれば、英会話実践の場としていいかもしれません。

さて、英単語を覚えることですが、大人になりますとなかなか新しい単語を覚えられませんよね。
難しい単語を覚えるよりも、今まで学校で習ってきた英単語を覚えなおしたり、理解を深めることをおすすめします。
1つの意味で覚えている言葉も、実は別の意味を持っているということがよくあります。

例えば、meanと言う言葉は、「意味」ですが、You're mean!と言うと、あなたって意地悪ね!
という意味になります。
全然違いますね。
さらに、be meant to beで、「~することになっている」という意味になり、I am meant to be back by 9pm. で、私は(夜の)9時までに戻ることになっている。
という意味になります。

このように、1つの意味を知っている単語で、なじみのある単語を、もう一歩深く掘り下げて別の意味を知ることで、幼稚な英語ではなく、大人の英語を話すことができるので、是非試してみてください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。