六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】主人が海外転勤する予定。現実的な英語力を磨くためのアドバイスとは?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
来年から主人がシンガポールに転勤になるかもしれません。
もし現実となったら、子ども7歳と2歳を連れて行きたいと思っています。

そこで一番気になるのが子どもたちの教育です。
いろんな方法がありますが、一番現実的なのは、上の子は学年を一つ落として一年生から現地校に入学することです。
その際気になるのが、両親も面接があるということ。

主人は中国人なので、面接は中国語で受けられると思います。
が、わたしは中国語はさっぱり。
英語力も高くないです。

面接試験は、日本でいうお受験のような面接になることや、その後の学校生活でサポートをすることなど、を考えると、今のわたしの力ではとても無理です。
が、せっかくのチャンスなので、結果はともあれ、子どもとともにこれからできる限りの準備を頑張りたいと思っています。

現在のわたしの勉強についてお話ししますと、6単語英会話講座と主婦英会話を受講。
それぞれを日曜日以外に1日10分ずつ勉強していること、あとはフィリピンからの留学生とボランティアのペアなので、英語を話す機会にも恵まれています。

自分自身で長所を述べるのは、恐縮いたしますが、物怖じをしない明るい性格だと思っています。
また誰とでもわりと話ができるタイプなので、日本では、英語力は低くてもそれなりに外国人の方とのコミュニケーションを楽しんできました。
しかし、子どもを連れて外国で生活するにはそれだけではムリだと思います。

このような状況で、現実的な英語力を磨くためのアドバイスがあれば、お願いいたします!


■回答
実際に海外で生活するとなると、実践的な英語力が必要になりますがシンガポールは英語圏といっても中国語もメインですので、発音が独特です。
まずはこちらの言っていることを確実に伝わるようにすることが一番ですので、(シングリッシュの聞き取り練習は日本ではほぼ不可能なため)発音のブラッシュアップをまずされたらいいと思います。

こちらが言っていることが伝わらないことは海外生活において致命的ですので、まずは簡単な子ども向けのアニメなどでもいいので、そのセリフを聞きながら、シャドーイング、リピートを繰り返すと口の筋肉が鍛えられます。

また、時期が確定しましたら、今後お子さんを連れて海外生活する時に必要だと思われるフレーズを日本語で書き出し、それを必ずまず自分で作文→添削で間違いのない英文集を作るといいと思います。

その作文の際には恐らく文法力が必要となりますので中学英語の文法書を3年間まとめたものを一通りやり直すと、文法も復習できるのでいいと思います。
(実際の初心者英会話では高校英語はほぼ必要ありません)
その自作の英作文リストを完全に暗記、暗誦すると実際に渡航してから役に立つと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ