六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】聞き取りが克服できない。長い文章が途中でわからない。聞き取るためにはどうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
聞き取りが苦手でなかなか克服できません。
テレビなどで英語を聞いても、長い文章は特に途中で分からなくなってしまいます。


■回答
人間の脳は、自分で発音できる音だけを認識して聞き取るのだそうです。
なので、聞き取りの練習をするときは、聞くだけでなく、実際に自分でも発音する練習をしてみると、聞き取りの力も伸びてきます。

たとえばテレビや映画で聞き取れない台詞があった場合、英語の字幕をつけて、それを自分でまねて発音してみてください。

また、シャドーイングと呼ばれる、ネイティブの音声にかぶせるようにして発音を真似ていく勉強法もあり、こちらも、発音、聞き取りの練習に役立ちます。
シャドーイング用の参考書なども出ていますので、ご自身で良さそうなものをお探しになってみてください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ