六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】会話は成立しますが文法が崩れがち。自分の意見を強調するにはどうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
会話は何とか成り立つが文法が崩れがちです。
仮定法や未来に関すること、自分の意見を強調することができません。
ビジネス英語も習得したいと考えています。


■回答
頭では分かっていても、いざ会話となると文法的に間違った文になってしまうというのは、誰もが経験していることだと思います。

発話の経験が少ないということが理由のひとつだと思います。
場数を踏んでいくと改善されていきます。

もうひとつ効果的なのは、例えば、「仮定法」でしたら、参考書や辞書に掲載されている典型的な例文をいくつか暗記することです。
それらの文を丸ごとそのまま使える機会はほとんどありませんが、それでも型に当てはめることで、正しい文を話す助けになります。

また、基本的な文法があやふやな学習項目については、やはり参考書などで復習しておく必要があると思います。

ビジネス英語に関していうと、まずは英文メールを勉強されるのが良いと思います。
ビジネス会話に活かすことができます。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ