六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEIC IPを受験予定。リーディングセクションの時間配分はどうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
今週末TOEIC IPを10年ぶりに受験します。
長時間のテストに集中できるか心配です。
問題集をしていると、眠気に襲われてしまいます…。
対策として目安が欲しいので、リーディングセクションの時間配分を教えてください。


■回答
TOEICリーディングの解き方も人それぞれです。
長文から解く人もいますし、それぞれ自分にとって一番効果的な方法を見つけ出していくようです。

ネットなどで調べてみてもいくつもの提案がされています。

時間配分例をいくつか挙げています。
参考にしてください。

パート5(文法&語彙穴埋め問題)
パート6(長文内の穴埋め問題)
パート7(長文読解問題)

Part 5: 20分
Part 6: 6分
Part 7: 49分

Part 5: 30分
Part 6: 9分
Part 7: 36分

Part 5: 13分
Part 6: 6分
Part 7: 55分



この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ