六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英語を勉強する時間がうまく作れない。モチベーションの持ち方はどうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
英語を勉強する時間がうまく作れません。
少しは話せるのですが、文章を英語で書かなくてはならないことが多いのに、うまく作文できません。
時間ばかりかかってしまいます。
仕事をこなしながら、積極的に毎日少しずつ楽しく英語の勉強を続けられる、モチベーションの持ち方を知りたいです。


■回答
お仕事をしながら、学習をする時間を確保するのは大変ですよね。
皆さん、苦労していらっしゃる点かと思います。

六単塾はお忙しい方に隙間時間を活用して学習していただけるよう、メール方式になっていますので、スマホ等をお持ちでしたら、ぜひ通勤等の隙間時間をご活用いただければと存じます。

また、英作文の件ですが、個人的に、自然な英作文のカギとなるのは「動詞の使い方」だと思います。
特に、自動詞(目的語をとらない動詞)と、他動詞(目的語をとる動詞)の使い分けをすることが肝心だと思います。
これが苦手な方が、意外と多いように思います。

文法構造が英語と全く異なる日本語を母語とする日本人にとって、文法の基本的な知識は、正しい英作文をするうえで欠かせないと思います。
英作文の上達には、面倒でもこまめに辞書や文法書で確認したり、お手本になる文の作り方を真似したりすることをお勧めいたします。

先日いただいたお問い合わせの中に、アメリカ人のお友達とメールのやり取りをしていらっしゃるとありました。
やり取りの中で、覚えたフレーズを使ってみたり、間違っているところのアドバイスをしてもらうなどすると、楽しく学習が続けられるのではないでしょうか。
頑張ってくださいね!

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ