六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】IELTS試験を1週間後に受験。短期間の試験対策は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
イギリス在住です。
今度、IELTS試験(英語熟練度を測る英語検定の1つ)を受けます。
今非常に苦戦しているのは、ライティングとリーディングです。
イギリスで勉強しているため当たり前なのですが、問題集も英語オンリーなため、答え合わせしながらも、やや曖昧で嫌になってしまいます。
語学学校の先生に、ライティングを気軽に見ていただけるのは有り難いのですが。
語学学校の他に、今は、1日1~2時間勉強している程度です。
試験まであと一週間ですので、3~4時間以上頑張るべきでしょうか?
何か短期間の試験対策についてアドバイスいただけないでしょうか?


■回答
試験対策ということで、その試験の問題形式と同じ練習を何度も繰り返すような勉強方法でしたら、対策として即効果があるかと思います。

本当の基礎力の部分は、時間をかけて積み重ねる部分も大きいと思いますが、読む量、書く量を根本的に増やしたり、読む際に、ひとつひとつの文章の文法の組み立てを細かく分解してみてみる(精読)などの方法も、有効かと思います。

もちろん勉強時間は多いほどいいと思いますが、逆にストレスになってしまうと頭に入りづらくなることもありますし、あまり無理のない程度でがんばってみてくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ