六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】外国人演奏者を空港まで迎えに行くことに。どんなことを話せばいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
いつもお世話になっております。
毎日学習するという習慣はついているのですが、主人の仕事の関係で、今週末ハープ演奏会をすることになり、今アメリカ人の奏者と、コンサートについての打ち合わせをメールでさせてもらっています。
今週来日されるので、空港まで迎えに行くことになっています。
前もって、話す内容を考えておこうと思っています。
いろいろご指導ください。


■回答
ハープの演奏会、素敵ですね。
メールを拝見すると、英語学習以外にも様々な趣味をお持ちでいらっしゃることがうかがえます。
幅広い分野に対して関心や知識をお持ちであることは、英語学習にも必ず生きてくると思います。

奏者の方ともメールでやり取りをしていらっしゃるとのこと。
対面でのコミュニケーションもうまくいくと良いですね。
緊張されるかもしれませんが、日頃の学習の成果を試す絶好の機会でもあります。
リラックスして楽しむ気持ちで臨んでくださいね。
前もって、話す内容を準備されているというのも、とても良いと思います。
ぜひ頑張ってください。
演奏会のご成功をお祈りしております。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ