六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】仕事で英語の読み書きが必要。翻訳ソフトに頼らないためには、どうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
6月より仕事で英語が必要になりました。
聞く話すはほどんどありませんが、読み書きが必要です。
IT業界で仕様書が英語になり、Eメールや報告書などが英語での記述になります。
つい翻訳ソフトを頼ってしまいます。

英語の実力は、英検3~4級くらいです。
講座を含め、効率的な学習法があればお願いします。


■回答
講座に関しては、やはり必修の「6単語英会話講座」講座と、以前、お問い合わせいただいたことがあるかと思いますが、「英検3級講座」を中心に学習していただくのが良いかと思います。
できる限り間隔を空けず、毎日学習していただくことが大切です。

英語学習は、読む、書く、話す、聞くという要素で構成されますが、日本人が特に早く上達しやすいのは、読む、書くです。
様々な分野の中で、英語という観点からだけ見ると、最も簡単なのが仕様書です。

複雑な文構成は必要ではなく、シンプルでわかりやすい英文が求められます。
内容については熟知されていらっしゃると思いますので、業界で使われる英単語を扱えれば早く対応できると思います。

高校までの基礎的な英文法を復習されることをオススメいたします。
桐原書店の「フォレスト」などの参考書がオススメです。
ここに書いてあることを自由に使えるようになれば、どんな英文でも書けるようになります。
また、困った時に調べるためにも一冊は必要です。

英文メールについは、型のようなものが存在しますので、こちらも場面別などによく使われる表現が掲載された本を、手許に置かれると良いと思います。
書籍でなくても、ネットでビジネス英文メールなどと検索すると、例文がたくさん出てきます。

また、NHKで「しごとの基礎英語」という番組をやっているのですが(再放送かもしれません)、これは本当に役立つと思います。
http://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/jobkiso/

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ