六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICテストで時間内にすべての問題が解けない。対策は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
TOEICテストで、時間内に全ての問題を解くことができません。
どこからどういうやり方で解いていけば良いのでしょうか。


■回答
TOEICのテストをあまり受けたことがない状態、あるいはあまり得点が取れていない状態では、ほとんどの人が最後まで終わることができないという悩みを抱えています。

・TOEIC試験に慣れること・英語力を上げること・自分なりの方法を見つけること(例えば長文問題から解き始めるなど)・時間のかかる問題はあまり深追いせずに次に移ることなど
上記のような解決策が考えられますが、特にオススメなのは、TOEICの対策問題などを行っている時に、本番を見据えて時間配分を考えながら(タイマーなどで計るなどして)問題を解くことです。

また、リスニング・リーディング両方に共通することですが、「返り読み」をしないように気をつけることです。
日本語と英語では文の要素の順番が違います。

I gave my sister flowers yesterday.
英語の語順通りに「情報」を頭に入れていきます。
自然な日本語に置き換える必要はありません。

例えば、「私はあげた/姉(妹)に/花を/昨日」のように、設問に答えられるよう情報を頭に入れて、返り読みをしないように日頃から訓練すると、格段に時間を短縮できます。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ