六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】言いたい日本語を易しい英語に置き換えるのに時間がかかる。解決方法はある?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
言いたい日本語を易しい英語に置き換えるのに時間がかかり、会話が成立しないのが悩みです。


■回答
小学生の話す日本語を思い浮かべて、難しいことを伝えるのではなく、まず簡単な単語に置き換えて表現してみましょう。
長い文章を作ろうとせずに、短い文章を続けて言うことに専念するのが、まず第一の近道だと思います。

Andやsoなどを乱発してもいいので、まずは文章を言うということです。
完璧に長い文章を最初から言える人はいません。
めちゃくちゃでもいいので、まずは発話をしてみましょう。

発話の練習は、日常生活で自分で意識すれば可能です。
言いたいこと、思ったことを必ずすぐに英語にする(常に!)トレーニングを積み重ねていってください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ