六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】外国人に日本語を教えている。英語を話したり聞くには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
私は外国人に日本語を教えています。
基本的に日本語で日本語を教えるダイレクトメソッドですが、英語を聞く機会はよくあります。
生徒からの質問は主に英語ですので、リスニング・スピーキングの練習をしなければなりません。


■回答
生徒さんとのコミュニケーションのためには、英文を体得することが重要ですね。
英文を体得することで、リスニングとスピーキングが両方身につくからです。

ただし、外国人が英語で普段話すような英会話文を覚えることが基本です。
なぜなら、外国人が話もしないような英会話文を覚えても聴き取りはできないからです。
使われもしない英文をいくら覚えても、使っても意味が通じないからです。

これについては、6単語英会話講座をみっちりやっていただくだけでも十分かとは思います。
この講座の【6単】は、外国人が普段使う言葉ばかりを集めた特別な英文です。
覚えるほどに、まず聞き取りができるようになり、そして使う機会も増えていくでしょう。

また、英文を覚えるときに、ただ黙読していては身に付きません。
なぜなら、自分の口で話したことを自分で聞くことで、はじめて会話として体得できるからです。
他人が話したことを黙って聞いたり、文字をただ読んで暗記するだけでは、すぐ忘れます。
自分が言って、自分が聞くから、体に染みつく(体得できる)のです。
「言えない言葉は聞き取れない」というのは、言語習得の世界では常識になりつつあります。

そこで、暗唱して覚えてください。
英文を口に出して、聞いて、覚えるのです。

もちろんネイティブの発音そのものを聞いて、同じように自分でも発音してみる。
同じような発音になるまで何度も発音練習していく。
英文1つにかける時間をしっかりかけるんですね。

そうやって英文を覚えていくことで、はじめて「体得」できるようになります。
体得ができると、体で覚えられるので、そうそう忘れにくくなりますし、体に一部は残ります。
これが、実際に英語を聞き取るときに効果があるんですね。
「あ、聞いたことがある」という体験になるはずです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。