六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】最近のアメリカ英語では冠詞を入れないのは本当?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
リピン人講師から、オンライン英会話を受講しています。
その講師から、最近アメリカ英語では冠詞aをいれなくなっていると言われましたが、にわかには信じがたいです。
NHKの仕事の基礎英語ではカンタブルの名詞など、かなり厳しくチェックされています。
どうなんでしょうか?


■回答
いわゆる英語圏の人以外の人もたくさん英語を使い始めているので、冠詞を付けない影響は出てきているのかもしれません。
全体というより個別の事例で冠詞を使わなくなってくるということは十分にあります。

ただ、現在のアメリカ英語でも冠詞はいまだ健在だと思います。
アメリカ人に英語の翻訳をチェックしてもらったこともありますが、少なくとも冠詞に対する変化は感じません。
学習の方法としては、これまでのように冠詞の勉強を続けながら、個別の事例に出会ったら心に留めておく、というスタンスでよいのではないでしょうか。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。