六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】長文読解が苦手。長文を読めるようになるコツとは?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
長文読解が特に苦手です。
長文を読めるようになるコツなどありましたら、教えていただきたいのですが。


■回答
長文読解のコツとしては、まず、最初に設問にざっと目を通しておくことです。
設問を意識しながら読むことで、ポイントがつかみやすくなります。

また、英語の長文では、最初と最後の段落で文章のポイントをまとめて述べることがよくあります。
そして、段落ひとつひとつの中では、最初と最後の文にその段落のポイントが述べられているはずです。

その辺りを意識して読むと、大事なところを理解しやすくなるかと思います。

また、わからない単語にいちいち引っかかっていると、大意がつかめなくなってしまうこともあります。
わからない単語はとりあえず読み飛ばす、周りの文脈から何となく推測することも必要です。

あとは、日常的に、とにかく英語を読む量を増やすことが大切です。
オンラインの記事や、英語新聞、雑誌など、興味のもてるものをいろいろと読むことを、できれば毎日続けてみてください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ