六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】言いだしのワード、特に助動詞が出てこない対策は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
いつになったら上達したと思えるのか、悶々とした日々を過ごしながらなんとか毎日ワークをこなしております。
なかなか言いだしのワード、特に助動詞が出てきません。
ちょっとしたニュアンスを表す助動詞だと思いますが、記憶するだけでは言葉に出てこない気がします。


■回答
パッと言葉で出てくるようにするには、やはり何度も反復してしゃべる練習をすることが大切です。

言い出しのワードやフレーズに関しては、とりあえず、このパターンではこれを使うと決めてしまって、そのフレーズ、ワードを繰り返して使うようにしていくと、だんだん定着してくるかと思います。
映画などでいいなと思うフレーズがあったら、真似して使ってみるのもおすすめです。

助動詞のニュアンスについても、たとえば、以下のリンクのような表などを使って意味を覚えることはできるかと思います。
http://www.learnenglish.de/grammar/verbmodal.html

とっさに出てくるかどうかに関しては、やはり慣れの部分が大きいので、ひとりごとでもいいので、何度も繰り返して口に出してみてください。

覚えても出てこないというのは、つまり、インプットはしていてもアウトプットの絶対量が追い付いていないということだと思うので、ひとりごと、日記でもいいですし、相手がいれば練習させてもらう回数をなるべく増やすようにして、できるだけアウトプットを増やしていくと、すらっと出てくるようになるかと思います。

ご参考になりましたら幸いです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ