六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】会話中のわからない単語に気を取られてしまう。会話内容に集中するにはどうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
会話をしていてわからない単語があると、その単語に気を取られて、会話の内容に集中できなくなってしまいます。


■回答
知らない単語が会話に入っていると、気になってしまって会話に集中ができないというお悩みですね。

英語の文章を読むときでも、似たような状態になることがあります。
1つ、意味が分からない単語がぽんと入っていると、その言葉の意味を調べる。
調べて、意味が分かった。
あ、でもこの文章って何を言ってるのか?
そこでまたその文章の頭から文を読み直す・・・この繰り返しで、結局その段落、記事が伝えんとしていることがよく分からなくなってしまう。
大事なのは、「全体の意味をつかむ」ことです。
分からない言葉が出ても、そこで止まらない(会話をしている時も、そこで考えを停止させない)。
会話の文脈から推測する(読み物の場合は前後の文脈から)。
どうしても分からない言葉は、相手に直接聞く(もっと簡単な言葉に言い換えてもらう、説明してもらう等)。

また、同音異義語(同じ音だけど意味が違う)が出てきてややこしくて、どっちの言葉が正解だろう?
と思って集中できないという問題ですが、同音異義語は、日本語にもたくさんありますが、英語にもあります。

例えばsteal(鋼)とsteal(盗む)など。
日本語でも、勘違いしてしまうことってありますよね。
英語でも同じです。
文脈から正しい方を推測できる場合もあれば、ネイティブでも間違える場合もあります。
時間のある時に少しずつ単語力を増やしていき、会話(文章)の文脈から自分がよく知らない単語を推測することを心がけていくと、だんだん集中できないという問題も減ってくると思われます。
そのためにも、できるだけネイティブの人と会話する機会を持って、慣れていくことをお勧めいたします。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ