六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】リスニングが上達しない。ニュース英語を聞き取れるようになるにはどうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
他の講座も複数やっているが、リスニングが上達しない。
nativeとも話しているがTVのCNNニュースなどが聞き取れない。
Trumpはゆっくり喋るので何とか聞き取れる。


■回答

リスニング、上達ってなかなか難しいですね。
リスニングの難しさ、いくつか挙げてみたいと思います。

1.スピード 英検のようなリスニングテストと違い、普通の会話等はとても速く感じると思います。

2.発音  アメリカ英語と英国の英語は発音といいますか、訛りがかなり違います。
英国圏でも、スコットランド、アイルランドはまた聞き取りにくい部類に入るかと思います。
また、例えばマレーシアやシンガポールには、英語を第一言語とする人がとても多いのですが、中国語訛りがあって(シンガポールの英語はシングリッシュと言われるほど)、聞き取りにくいです。

3.単語と単語をくっつけて話すことが多い(例えば boys and girlsならばボイズンガール、のように)ので、単語が聞き取りにくい。

といったのが主なところでしょうか。
まずは自分がどうして聞き取れないか、上に挙げたことを参考に把握できるといいかなと思います。

英語で番組を見ることはとてもいいと思いますが、CNNやBBCなど、英語圏のニュースはちょっと敷居が高いかなと思います。
というのは、耳慣れない用語がポンポン飛び出てくるからです。
かなり上級レベルでなければ、聞き取るのは難しいと思います。

そこで、もう実践されておられるなら重複してしまうので申し訳ないですが、日本のニュースを英語の副音声で聞いてみるのはいかがでしょうか。
NHKのニュース7とニュース9は副音声で英語を聞くことができます。
内容はテレビを目で追えば分かりますが、英語で聞くことで、徐々にニュースで使われている言葉が分かってくるようになります。
ボキャブラリーを増やすのにも役に立つと思います。

結局のところ、リスニングもある程度のボキャブラリーがあって、より分かってくる部分もあるので、少しずつでも単語力を増やすことをお勧めします。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ